« 秋 | トップページ | 情熱の否定形 »

2007年9月 7日 (金曜日)

元・ひきこもり

 ひきこもりにこそ、気のきいた頓知やユーモアが必要だと思っていたが、ははあ何たることだ。ぜんぜん間違っていたよ。ひきこもりの肩書きでやるべきことは、つまらない話を下手な話し方で真面目に話すことなんだ。そのほうが現実的で迫力がある、ひきこもり体験談がより引き立つ。

 どうだ、思い当たるだろ。流暢に話してはダメだ、らしくないよ。話が堂々巡りして、何を言っているか分からないくらいが元・ひきこもりとしてはちょうどいい。もし君が人前で、ひきこもりの体験を話す機会があればそうすればよい、これが一番受けがいい。ちぇっ、くだらねえ。

|

« 秋 | トップページ | 情熱の否定形 »