« デブの国 | トップページ | ずっと、ひきこもっているとどうなるのか? »

2007年5月30日 (水曜日)

ノーモア叔父さん

 どうしたらひきこもりが治るかとか、どうしたらひきこもりにならないかとか、はっきりとこれだという答えはないが、なんとなくあーしたりこーしたりすればいいんじゃないかとは皆ぼんやりと考えている。ノーモア勝山叔父さん。叔父さんの悲劇を繰り返してはならない。ああなっては取り返しがつかんぞと、一族総出一丸となり甥っ子には反・ひきこもり教育をおこなわれている。

 ひきこもらないための躾(しつけ)。叔父さんにしてきたことの反対のことが、甥っ子におこなわれているわけだ。勝山叔父さんがひきこもってしまったのも、親の躾が厳しすぎたという説が有力である。その反省からゆるい躾こそ大切であると考える。子供に怒鳴ったり、ぶったりしたら叔父さんみたいになってしまうぞと。甥っ子が少々悪いことをしても、例えば携帯電話を放り投げるようなことをしても簡単に怒ってはいけない。ここで怒って子供をぶつと、いずれ筋金入りのひきこもりが出来上がること間違いなしである。証拠がいるのである。厳しく礼儀正しくしつけ、スパルタ教育を施した結果を見よ。日本を代表するようなひきこもり、勝山叔父さんが生きて我家にいるではないか。これには親戚一族全員脱帽、厳格な躾および熱心すぎる教育は禁止された。子供には優しく、それが我一族がひきこもりから学んだ教訓である。

 ひきこもらず学校に行ってさえくれば良い。まだ甥っ子は小さいので保育園に行ってくれさえすればいい。それ以上の幸せを望むものなど勝山一族にいるわけがない。あのひきこもりという穴に落ちさえしなければいいんだ。ノーモア広島、長崎、そして叔父さん。悲劇を繰り返してはいけない。Dome

|

« デブの国 | トップページ | ずっと、ひきこもっているとどうなるのか? »