« 何でもいいから働け | トップページ | デブの国 »

2007年5月26日 (土曜日)

ひきこもり文明進化

 科学の進歩。自分の周りにあるありとあらゆるものが進化していく。進化していないのはリニアモーターカーくらいではないだろうか。どんどん速く、どんどん便利に、ほとんどのものが自動で機械がやってくれる。パソコンなんてすごすぎる機械だ。

 こんな素晴らしい科学の力、人類の偉大なる進歩、にもかかわらず労働時間がちっとも短くならないのはなぜなのだろうか。こんだけ機械が発達したら、やることがない暇な人間だらけになるはずでしょう。そうでしょう、奥さん。実際はみんな忙しい。交通網は発達したのに、通勤時間は長くなる。機械を導入しても仕事が楽にならないし、労働時間も短くならない。いかがなものか。

 人が怠けるための科学。ひきこもるための人類の進歩。そういう視点で物事を見て、物を開発していかなくてはいかんのです。Linear

|

« 何でもいいから働け | トップページ | デブの国 »