« 歯医者とひきこもり | トップページ | ひきこもりと恋愛 »

2007年2月 3日 (土曜日)

レンタルお姉さんと自慢できない親戚

 僕がここで申し上げたいことは、誰にだって自慢できない親戚がいるということです。このことを皆が理解してくれればひきこもりだとかニートの問題は、問題ではなくなるはずです。

 レンタルお姉さん、レンタルお兄さんという人たちがいる。風俗嬢とホストではない。ひきこもりやニートの家に出張してくるのだ、「自慢できる親戚」として。大学に行っていて、スポーツの部活に入り、友人もたくさんいる、自慢の親戚の代わりとしてこのレンタルお姉さんお兄さんがやって来る。誰にでも自慢できない親戚はいるが、身近に自慢できるような親戚がいる人は稀である。だからこんなレンタル姉さんなんかが成り立つ。いかがなものかなんてレベルではない、やってはいかんの「い」、即法律で廃止してもらいたい。

 高い位置からものを見る、高い位置からものを聞く、高い位置からものを言う。そんな励ましをうけた時の悲しさよ。大学卒業して就職し結婚した親戚従兄弟たちが集まるお正月の苦しみを、レンタル兄さん姉さんたちはひきこもり邸に運んでくるのだ。針のむしろ。必要なのは同じ苦しみを持つ仲間であり、苦しみを忘れ高い位置からのものをいう立派な他人ではない。

|

« 歯医者とひきこもり | トップページ | ひきこもりと恋愛 »