« こころの風邪 | トップページ | レンタルお姉さんと自慢できない親戚 »

2007年1月31日 (水曜日)

歯医者とひきこもり

 ずいぶん長い間ひきこもっていたのでかなり頭がおかしくなっています。一番困るのはパニック星人ことパニック障害です。電車に乗れないでおなじみのパニック障害です。どんな病気かは心身ともに健康な君に説明するのは悔しいのでやめておきます。

 パニック星人は歯医者が苦手です。他にも床屋とか高速バスのような自由に動き回れない場所が大の苦手です。学校というまったく自由がなくビシッとイスに座り続けることを強制させる場所で、自分の能力以上に勉強をしすぎた結果、自由が制限されるような場所に行くと恐怖心で頭がおかしくなるのです。だからパニック星人の僕は自分の髪は、バリカンで自分で刈ります。だからいつも虎刈りです、タイガースです。長距離移動は新幹線の指定席です。トイレのついていない電車にはお金を貰っても乗りたくないです。心身ともに健康な君から見たら完全な気狂いでしょうが、パニック星人としては並です。

 パニック星人は歯が痛くても歯医者に行かず我慢します。痛いよう、といいながら我慢します。でもさすがに限界だなと思ったので歯医者に行ってきました。精神安定剤をいっぱい飲み、何回もトイレに行き、似非カウンセリングで習った怪しい自己催眠をかけ、いざ歯医者で治療をうける。すると極度の恐怖興奮から顔が真っ赤になり、脂汗冷や汗で全身ずぶ濡れ、さらに死ぬかもしれないという妄想恐怖から顔は一転真っ青に。歯医者に「大丈夫ですか?」と心配されたことに対する含羞からぷるぷる震えだすという、完全即入院レベルの気狂いを演じて帰ってきました。

 これから毎週歯医者に通わなければなりません。歯の根の部分まで虫歯になっているそうです。どうしたらいいのでしょうか。お医者さんも困っていますし、僕も困るというか、恥ずかしく切腹して自害したい気持ちです。心身ともに健康な君からみたら情けないひきこもりでしょうが、僕も自分がかわいそうだ。

|

« こころの風邪 | トップページ | レンタルお姉さんと自慢できない親戚 »